用途

「クラリスタ」フィルムは、その良好な印刷・ラミネート加工適性からスタンド袋・平袋形態のレトルト袋(代表的な用途:スープ、米飯、野菜水煮、他レンジ食品)用のバリアフィルム材料として最適です。電子レンジ適性に加えて、包材の軽量化、より丈夫で魅力的な包装の設計が可能となります。

一般的なスタンド袋に加えて、「クラリスタ」はフタ材、医薬用包装にも使用されています。

アルミ箔代替としての材料

現在、レトルト食品の包装の主流はアルミ箔を使用した積層フィルムです。一方、非金属であること・透明性といった利点のあるプラスチックフィルムは、長年バリア性の不足が指摘されていました。

「クラリスタ」は、通常プラスチックフィルムが有する利点に加えて高いバリア性を有しています。 「クラリスタ」を使用したレトルト用スタンド袋は、コンバーティング加工、内容物充填、製品輸送といったどの段階においても安定した性能を発揮し、アルミ箔袋と比較し以下のような利点を提供します。

  • 袋ごと電子レンジの使用が可能。
  • 金属探知機による異物検査が可能。
  • 焼却時の残渣が発生しない。
  • 透明性による内容物の視認が可能。
     

Table