㈱クラレ

クラレは1926年にレーヨンの事業化を目的として倉敷市に誕生して以来、高分子化学・合成化学の分野において独自の技術基盤を築いてまいりました。ガスバリア材の分野では、1972年以来、エチレンビニルアルコール共重合体樹脂(EVOH)を「エバール」の商品名で製造・販売し、長年に亘りこの分野をリードしています。「クラリスタ」は、クラレが、この「エバール」事業で培ってきたバリア技術と、独自のウェットコーティング技術を融合することで開発された、透明ハイバリアフィルムです。